お墓参りの作法

まずは持ち物をチェック。
お供え物、掃除道具は最低限用意します。
バケツやひしゃくなどは現地で借りられる場合も多いので、霊園に備え付けられている場合は必要ありません。
ただし、ゴミ袋やスポンジなどは自宅から用意していくようにしましょう。

御供え物についてはお花や果物など色々ありますが、場所によっては食べ物NGのところもあります。
基本的にお供え物は虫がわいたり腐ると考え、供えたら持ち帰るようにしましょう。

持ち物OKとなれば後は墓地へ出発です。
墓場ということで派手な服装は避け、黒やグレーなど落ち着いた色の服装が望ましいとされていますが、目立ちすぎなければ基本的には大丈夫です。
墓地についたら、お墓の前にまず「本堂」へ寄り、お参りをします。
いきなり自宅のお墓に行くのではなく、まずは本堂を探して参拝するようにしましょう。

本堂のお参りの後、自宅のお墓へ向かいます。
ここで一番最初にすることは墓石とその周辺の掃除です。
故人が自分で掃除することはできませんから、参拝に来たものがまずきれいに浄めてあげることが礼儀とされています。
まずは墓石をきれいに磨き、水で洗い流したあと、墓石の周辺にあるゴミやちりなどを取り除いてきれいにします。

こうしてお墓全体がきれいになってから、お線香を置き、お供え物やお花を置いて手を合わせます。
最近あったこと、気になっていることを報告したり、一言メッセージを送る、お子さんやお孫さんの顔を見せてあげるなど、ご先祖様が喜ぶような近況報告をしてあげると良いでしょう。
できれば家族みんなで手を合わせてあげるとさらに良いと思います。

参拝の後は、供えたものを片付けて、再びきれいな状態に戻します。
食べ物を置きっぱなしにしておくと動物がやってきたり、腐って虫が発生することもありますので、後始末まできちんと行って帰るようにしましょう。

以上が最低限の参拝のルールになります。
亡くなった方と話をすることはできなくても、マナーをまもって心からお祈りするようにすれば、ご先祖様もきっと喜んでくれると思います。
気になるお墓の使用料についても参考にご覧ください。