お墓参りに必要な物とは

お墓参りをする時は、ただ参拝して帰るだけなら手ぶらでも構いませんが、しばらくぶりに参りに行くという場合は汚れたところを掃除してから帰るようにしたいものです。
お墓は故人を偲び、ひっそりと思いを馳せる神聖な場所ですので、義務的にお参りだけして帰ってくるのではなく必要なところはきれいに浄めるようにしましょう。

お墓参りに必要な持ち物としては、お線香やローソク、御供え物やお花、お経をあげる場合は念珠などを用意します。
線香、ローソク、花は自宅から持参しなくても霊園で販売していることがあります。
足りないものは、コンビニやスーパーで買っていってもOKです。

また、お墓の掃除に必要なものは、雑巾、タワシ、バケツ、ひしゃく、ほうき、ティッシュ、ゴミ袋、ゴム手袋などが主なものです。
雑巾はお墓を拭く時に必要になりますし、ティッシュを使えばゴミも出るので大きめのゴミ袋も用意しておきましょう。
素手でも構わなければゴム手袋は要りませんが、泥やほこりで汚れている可能性もありますので、念のためゴム手袋は用意しておいて間違いありません。

墓石は風化などで穴があいていたり、小さな穴の中に汚れが溜まっていることもありますので、細かいホコリなどを掻き出すためにいらない歯ブラシを用意しておいてもOK。
水を入れるバケツやひしゃくは、墓地に備え付けの備品を使用できるかもしれませんので、あらかじめ電話などで確認しておくと安心です。

お墓参りの際はまずお墓をきれいに掃除し、ピカピカにしたあとでお線香やお花を供えて参拝するのが礼儀です。
先に手を合わせてから掃除に入る家庭もありますが、順番が逆ですので注意しましょう。

墓所によっては御供え物用の食べ物がNGであったり、御供え物を墓に置いたままにしないでくださいと注意書きがされているところもあります。
フルーツなどを置きっぱなしにしておくと、夏場などは腐ったり虫がわくことが多いので、もしも食べ物を持参したら必ず持ち帰るようにしましょう。