民営墓地と公営墓地の違い

日本の霊園や墓地は、運営元によって「民営霊園」「公営霊園」と、大きく2つに分けることができます。
またそれとは別に、お寺が管理する「寺院墓地」を入れて3つに分けることもできます。

・民営霊園について
公益法人や財団法人、社団法人などの法人から委託を受け、民間企業が運営している霊園のことです。
宗教法人が委託をする場合もあります。
この霊園は民間が管理しているので、利用者視点に立ったサービスが豊富であり、なおかつ寺院墓地などに比べると申込み手続きは非常に簡単です。
特定のお寺や宗教に関係なく、どこでも良いという方は、民営の霊園を申込まれるのが良いでしょう。
区画面積なども自由に選べるので、選択の自由が保証されているのも大きなメリットです。

・公営霊園について
都道府県・市町村など地方自治体が直接管理している霊園です。
日本で最初の霊園としては青山霊園がもっとも有名です。
永代使用料・管理費などが低く設定されており、お墓にかかる費用を抑えられるというメリットがあるため人気があります。

デメリットとしては、東京都の管理する霊園なら東京都住まいというように、そこに居住している家庭のみに利用制限がかかる場合が多いです。
また、青山霊園など人気の墓所は毎年抽選が行われ、当選した方だけが一定の区画を借りることができます。

・寺院墓地について
お寺に付随する墓地のことで、寺院が管理・運営しています。
基本的にそのお寺の檀家さん専用となっており、先祖代々そのお寺を参拝してきたケースが多く、宗派も限られます。
そのため、誰もが気軽に利用できる場所ではありません。

寺院墓地のメリットとしてはお寺で手厚い供養をして頂けるということと、先祖由来の土地に故人を埋葬できる点があります。
寺院墓地への埋葬を希望する場合、檀家として必要なお務めや費用、永代使用料・管理費・お布施などが必要になりますので、問い合わせを行ってよく確認するようにしましょう。