日本のお墓の歴史

日本のお墓の歴史は、古くは縄文、古墳時代にまでさかのぼることができます。
この頃はまだ仏教が日本に伝来しておらず、独自の埋葬方法が採られていました。
天皇や豪族など高い身分の者が特に丁寧に埋葬され、現在でも遺跡が残されています。

平安時代に入り、仏教が国内に根付くようになると、遺体や遺骨に対して敬意を払うという概念が出来上がるようになりました。
それまで、山間部などの一部の地域では土葬や鳥葬が主流でしたが、僧侶の勧めなどもあって、火葬してから埋葬するという概念は徐々に国民に浸透していきます。
土葬は土葬でも土に埋めて終わりではなく、きちんと石やお供えものを供えてお墓と分かるようにしていたケースもあります。

さらに、国内に武士と呼ばれる人々が登場するようになると、それまで知られていた仏教の中でも「禅」が広く支持されるようになりました。
禅宗は鎌倉時代から室町時代にかけてトレンドとなり、位牌・戒名の概念も浸透し、墓石には五輪塔など複数のモチーフが重なったタイプが採用されるようになりました。

江戸時代に入ると、現在に至る「神仏習合」の概念が広く取り入れられるようになりました。
日本人ならば神社にもお寺にも参拝し、お墓はお寺の所有する墓地に建てるという文化が形成されていきました。
仏教の宗派もそれぞれが混在し、禅宗のお墓もあれば真言宗のお墓もある、というようにバラエティ豊富になっていきました。
明治時代に入ってからは、神道やキリスト教も区別されるようになり、ますますもってお墓の種類は多くなっていきます。

こうして、いろいろなお墓が混在する現代の墓地が出来上がったわけですが、最近では特定のモチーフやキャラクターを象るデザイン墓石も登場し、さらに個性豊かに発展を続けています。
墓石に使用する素材も、定番の御影石からガラス素材まで幅広く取り入れられるようになりました。
こうして考えてみると、殺風景なお墓や墓地も着実に変化してきている、と言えるのではないでしょうか。