お墓の管理にかかる費用

お墓は家と同じく、購入した後も継続的な管理が必要です。
今回は、そんなお墓の管理にかかる費用について考えてみたいと思います。

お墓を買った後にかかるお金は
・管理料
・使用料
・(お寺の檀家のみ)檀家料
一般的には上の二つ、お寺付属の寺院墓地に所属している方のみ檀家料がかかります。

管理料とは、墓地がある霊園や墓所全体を管理するために支払われるもので、霊園の整地や土地の維持管理、職員の人件費などにあてられます。
管理料はほぼすべての霊園で請求されるものですので、お墓を買ったら必ずかかるものと考えてください。
支払い時期は、毎年払うタイプもあれば、数年ごと、あるいはお墓購入時に一括で払う場合もあります。

使用料とは、各個人のお墓の場所代のことです。
建物に固定資産税がかかるように、墓地についてもただで使えるというわけではありません。
この使用料が払えなくなって、先祖由来のお墓を手放される人が増えてきており、最近問題となっています。
反対に、合同葬などの永代供養を申し込んだだけでお墓を買っていない方については、使用料は特に請求されません。

お寺に所属している方は一般的に「檀家」と呼ばれ、お寺を存続させるために檀家料を含めた色々な料金を請求される場合があります。
それらは檀家になった以上は確実に支払わなければならず、支払いができなければお墓ごと手放す必要があります。
寺院墓地でも管理料や使用料は必ずかかりますので、このあたりは公営墓地や民営墓地と同じです。

ちなみに、管理料や使用料は霊園によって金額が異なり、一定ではありません。
寺院より民営が安く、民営より公営が安いなどと言われますが、実際は土地価格によって金額が変動しており、青山霊園など知名度の高い霊園や、都心部の霊園などは金額が高くなります。
どこが一番安いと言い切ることはできませんので、お墓を選ぶ際はできるだけ予算に余裕が持てる場所を選ぶようにしたいものです。