永代供養とその料金

死後に身内から供養をして貰う必要がなく、埋葬場所にも困らない「永代供養墓」は、日本で今もっとも注目されている埋葬方法です。
以前のような墓石・管理費・土地使用料などを逐一支払うタイプのお墓ではないので、家族にも迷惑をかけることはありません。

そんな永代供養墓の埋葬料ですが、運営元はお寺、霊園、NPO法人などさまざま。
どこを選んでも同じかと思いきや、お寺の場合は檀家でなければNGというところもあります。
いずれにしても、自宅から通いやすい場所や、サービスが充実しているところ、安心して遺骨を収めておける墓地を選びたいところです。

この永代供養の料金については、埋葬から供養まで一式すべてをあわせて数十万円というところがほとんどです。
これは故人一人(一体)あたりの料金で、逆に考えるとお墓を手放してその中のご先祖様の遺骨をすべて永代供養墓に収めるとなると、数十万円の費用をご先祖様の人数分掛け合わせる必要があります。
したがって、決して安い買い物ではないということを覚えておかなければなりません。

また、中には100万円以上もの高額な永代供養墓もあります。
通常の料金に比べれば、信じられないほど高額にも思えるのですが、責任を持って法要を執り行ってもらえたり、専用の納骨スペースを設けてもらえたりと、サービスの質は非常に高いものとなっています。
また一式料金を払っておけばその後の管理料などはかからないので安心です。

個人で所有できるお墓ではないため、皆一緒ということはプライバシーがないのでは?と感じる方もいるかもしれません。
しかし、合同葬は運営元が責任を持って供養から管理までを行ってくれますので、毎年参拝に行くことができなかったり、お墓にかける費用がない、あるいは遠隔地に住んでいる方でも安心して任せることができます。
また、お墓は災害などで倒壊したり損壊する可能性もあるため、継続的に維持できないご家庭にも永代供養はおすすめです。