お墓のデザイン

自分と自分の子供たちが眠る「お墓」は、新しく建てるならオリジナリティに溢れたデザインにしたいですね。
最近では「デザイン墓石」と呼ばれる新しいタイプの墓石が非常に人気を集めています。
デザイン墓石は別名「現代墓石」とも呼ばれ、好きなモチーフや構造を細かく注文するタイプの墓石です。
カタログに載っているベーシックな墓石をそのまま注文するのではなく、石の種類から向きから、細かいところにまで自分の意見を取り入れて貰えるので、お墓を建てた!という感動もひとしおです。

通常、デザイン墓石はいくつかのパターンの中から選んでアレンジする方法が多いのですが、中にはゼロからデザインして作るタイプの墓石もあります。
特に故人が好きだったモチーフを象ったり、強化ガラスやステンドグラスなど墓石とは違う素材を使うような場合、業者と早い段階から綿密な打ち合わせを行う必要があります。

また最近のデザイン墓石には「ユニバーサルデザイン」といって、誰もが気軽に使えるよう設計に配慮されたものが多く登場しています。
通路との段差をなくしたバリアフリー仕様や、掃除や参拝の途中でちょっと一息というときの「腰かけ」がついている墓石が特に人気。
また、腰かけ部分に手桶などをしまっておける収納スペースをそなえたデザイン墓石もあります。
見た目のデザインだけを考えるのも良いですが、ユニバーサルデザインのように使いやすさを第一に考えた墓石も魅力的です。

墓石を販売している業者の中には、図面を何度も描き直すのが面倒なので、デザイン墓石はなるべく引き受けたくないと考えているところもあります。
そのような企業に無理を言って引き受けて貰って、何度も図面をやり直ししたあげく、「思っていたものと違った」のでは頼んだ意味がありません。
お墓は一生ものの買い物ですから、オリジナル墓石を造って貰う際は後悔のないように、デザイン墓石を専門としている業者を前もって探しておく必要があるでしょう。
こちらのお墓のお引越しについての記事も参考にご覧ください。